News

これらのヨーロッパ諸国は、海外のタックスヘイブンに関連する企業に救済策を提供することを拒否しています

一部のヨーロッパ諸国は、オフショアのタックスヘイブンに関連する企業が政府支援のコロナウイルス救済措置を受けることを阻止することを決定しました。

これまでに、フランス、ポーランド、ベルギー、デンマークはすべて、一部の企業を納税者が資金提供する救済プログラムから除外することを目的とした同様の措置を発表しています。

ジョンズホプキンス大学がまとめたデータによると、火曜日の時点で、世界中で480万人を超える人がCovid-19に契約し、318,833人が死亡しています。

パンデミックは、壊滅的な経済崩壊を回避するための努力において、世界の指導者たちに緊急の財政措置と積極的な刺激策を迅速に展開することを強いました。

EUブラックリスト
今月初め、ベルギーはEUで4番目の加盟国となり、タックスヘイブンに存在する企業にパンデミック救済措置を防止する法律を導入しました。

5月7日に採択された法律では、株主または子会社を介してタックスヘイブンにリンクしている企業は、国の援助を受けることができないと規定されています。

ポーランド、フランス、デンマークはすべて、EUが税務上非協力的であると考える管轄区域で活動する企業への救援資金を拒否するために同様の修正案を提案していた

(source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close