News

イノベーションの推進:スルファミン酸市場へのCOVID-19の影響の主なハイライト

COVID-19のポストスルファミン酸市場への影響

-COVID-19危機の出現により、世界は健康の大流行と経済的緊急事態との戦いに直面しており、数兆ドルの収益にほとんど影響を与えています。

Research Diveの熟練したアナリストのグループは、企業がこの経済危機で生き残り、維持するのに役立つソリューションを提供します。資格のある専門家チームによる包括的な調査から得られた調査結果に基づいて、情報に基づいた意思決定を行う企業をサポートします。

私たちの研究は、以下を取得するのに役立ちます:

  • Covid-19の市場への長期的および短期的影響
  • Covid-19の拡張されたエコシステムへの影響によるスルファミン酸市場への影響のカスケード
  • COVID-19前後のパンデミックの市場行動を理解する
  • マイナスの影響を克服する、またはプラスの影響を機会に変えるための戦略の提案

私たちは、ビジネスインテリジェンスソリューションを通じて、この危機との戦いを支援します。

ビジネスの洞察をコンテキスト化するためにアナリストとつながる:https//www.researchdive.com/connect-to-analyst/160

スルファミン酸市場のプレCOVID-19分析

Research Diveが実施した調査によると、世界のスルファミン酸市場の予測は、2026年末までに70億3,730万ドルに達し、予測期間全体で3.4%のCAGRを記録すると予測されています。

金属仕上げアプリケーションセグメントは、2018年に最大の市場価値である16億1,270万ドルを占め、2026年までに20億7,600万ドルに達すると予想されています。

さまざまな産業分野での用途によるスルファミン酸の需要の増加と、この化学物質を含む化粧品の需要の増加は、スルファミン酸市場の成長を加速しています。

スルファミン酸市場の成長を妨げている主な要因は、細胞レベルの変化や長期にわたる厳格な政府の規制に使用されると癌関連の問題などの多くの病気を引き起こす可能性があるため、健康に関連する懸念です。 

ヨーロッパ市場は、2026年までに13億2300万ドルを超えると予想されています。詳細については、ここをクリックしてください@ https://www.researchdive.com/download-sample/160

エンドユーザーによるスルファミン酸市場の細分化

  • 金属仕上げ
  • 染料と顔料
  • 製紙用パルプ
  • プラスチック

世界のスルファミン酸市場は、フォームと粉末と液体に分かれています。これらの中で、粉末スルファミン酸が最も高い市場価値を占め、予測期間中にCAGR 3.2%で成長している2026年までに39億3,840万ドルに達すると予測されています。この成長は主に、水洗浄、染色、顔料産業における粉末スルファミン酸の使用の増加によるものです。しかし、リキッドアウファミン酸は、スルファミン酸市場を2026年までに30億9,900万ドルに押し上げ、3.7%のCAGRで成長すると予想されています。

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)にアクセスする @ https://www.researchdive.com/160/sulfamic-acid-market

アプリケーションに基づいて、グローバルスルファミン酸市場は、金属仕上げ、染料&顔料、紙&パルプ、プラスチックなどに分類されます。中でも、染料および顔料用途のスルファミン酸市場は、2026年までに世界市場を16億6650万ドルに押し上げると予想されています。
世界のスルファミン酸市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、LAMEAに地域別に分類されています。アジア太平洋地域は2018年に最大の市場価値25億8,040万ドルを保持し、予測期間中のCAGRは3.2%の2026年までに33億2,160万ドルに達すると予想されています。ヨーロッパのスルファミン酸市場は、予測される時間枠。Europemarketは、2026年までに13億2,300万ドルに達し、4.0%のCAGRで成長すると予想されています。

グローバルスルファミン酸市場のトップゲイン参加者は、日産化学(TYO:4021)、ミンダケミカル、BASF SE(ETR:BAS)、AkzoNobel NV(AMS:AKZA)、デュポン、江蘇雅中、パーム商品、煙台サンディング、江蘇雅中、とりわけ。これらの主要な参加者は、スルファミン酸業界全体で市場シェアの大部分を獲得するために、製品の改善、合併および買収、コラボレーション、新製品の発売に注力しています。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づくサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close