News

コロナウイルスの緊急事態が解除された後、日本は「新しい正常」に直面する

日本が緊急事態を終わらせた翌日、東京の住民たちは、新しいコロナウイルスと共に生きる「新しい常識」に備えるために、安心と不安を交えて街路に出ました。

安倍晋三首相は月曜日に首都と残りの4都道府県の緊急事態を解除し、約16,600件と比較的低い総感染数を維持することに成功したと主張した。

「飲みに行ってコンサートに参加したい」と富永大輔事務局長は、東京で最もにぎやかな地区の1つである渋谷のロイターに語った。

他の国での厳格な封鎖とは異なり、日本は企業に閉鎖を強制せず、緊急事態が解除される前でさえ、いくつかは再開した。

それでも、約7週間後の正式な終了により、社会的距離を守り、マスクを着用しながら、多くの人々が仕事に戻ったり、外出したりしました。

古木直人さん(45)は、朝の通勤はいつもより混雑しており、少し不安だったと語った。

「私はまだ少し心配している。流行の第2の波があるかもしれないので、私たちはまだ警戒する必要がある」と彼は言った。

多くの子供たちは、千鳥配置のクラスなどの予防策の下、来週学校に戻る予定です。

小池百合子都知事は、自己満足に対して警告を発し、ワクチンや治療法が開発されるまで、誰もが在宅勤務と千鳥通勤の「新しい常識」に慣れる必要があると語った。

月曜日の夜、東京湾北部に架かるレインボーブリッジは、非常事態の終わりを示すために7色で照らされました。

「レインボーブリッジの光が赤くならないように一緒に働きましょう」と小池氏は火曜日のコロナウイルス政策会議で言った。

多くの企業が在宅勤務を許可する一方、鉄道の小田急電鉄は利用状況データを公開して乗客の混雑を回避するとしている。

エレクトロニクス大手のソニーは、6月には最大30%の従業員しかオフィスに戻せないとしているが、日立は仕事の半分を自宅で行うことを目指している。

「以前の働き方には戻らない」と日立の執行役員中畑秀信氏は記者団に語った。「私たちは新しい在宅勤務を加速させ、在宅勤務を新しい標準にします。」

日本銀行の黒田春彦総裁は、コロナウイルスは国の産業構造と人々の行動を変える可能性があると述べた。

「パンデミックが起きる前の状態に戻るのは難しいかもしれない」と彼は議会に語った。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close