News

ソフトウェアデベロッパー向けの年次会議であるMicrosoft Buildからの最も重要な発表

コロナウイルスは、今週のビルドカンファレンスでマイクロソフトが大量のニュースを流すのを阻止しなかった。

10年目を迎えたBuildは、Windows、Azure、その他のプラットフォーム向けのアプリケーションを構築する数百万のソフトウェア開発者とつながる場所です。

2日間のイベントには20万人以上が登録したと同社の広報担当者フランク・ショーはツイッターで述べた。

マイクロソフトは、プラットフォームとデータセンターインフラストラクチャ上でアプリケーションを構築し続けるために、開発者を引き付ける必要があります。パンデミックのため、今年の会議は完全にオンラインで開催され、数人の幹部とエンジニアが自宅からのライブビデオフィードに貢献しました。

Microsoftはこの会議を、FacebookやSalesforceのように次世代テクノロジーをデモンストレーションしたり、著名人を利用してより多くの参加者を引き付けたりするためではなく、重要な領域を強化する機会として使用しました。注目の領域には、Azureパブリッククラウド、急成長を遂げているチームコミュニケーションアプリ(重要性の高いOfficeポートフォリオの中心になりつつある)、およびリストと呼ばれる次期アプリが含まれます。

(source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close