News

ソフトバンクの最高経営責任者(CEO)は、月額300ミルのマスクを日本に供給すると発表

ソフトバンクグループの孫正義CEOは、マスクの製造も開始した中国の電気自動車メーカーBYD Co.

ソフトバンクは来月から、コロナウイルスの発生による不足に取り組む日本政府の「マスクチーム」と協力して、当初は医療スタッフ向けに2種類のマスクを提供すると、ソン氏はTwitterで述べた。

SoftBankは先月、ニューヨーク州に140万枚のマスクを寄付したと発表したが、利益を上げずにマスクを提供する。

サプライクランチへの対応は日本政府の優先事項であり、来週、2枚の洗えるマスクを世帯に届け始める予定です。

政府はまた、7億枚の使い捨てマスクの国内生産を目標としています。

中国の企業との提携および投資に長い歴史を持つ息子は、BYDがマスクを製造するための新しいラインを立ち上げると述べました。

BYDの生産能力は1日あたり1500万マスクに達している、と同社の広報担当者は述べ、同社がソフトバンクにマスクを供給することを確認した。

ソフトバンクの供給は、非常に小さな粒子をろ過できる1億個のN95マスクと2億個の通常の外科用マスクで構成されます。

コロナウイルスのパンデミックはソンのツイッターへの復帰に拍車をかけました、そこで彼は日本の対応が科学者ではなく政治家によって率先されていると不満を述べ、政府の対応についての彼らの見解についてユーザーに投票しました-社会的離隔措置を増やす圧力に加えて。

©(c)Copyright Thomson Reuters 2020。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close