News

チャットボット市場2020年のサイズ、トレンド、グローバル成長、業界の地域別セグメンテーション、2027年までの主要製造業者と機会

ヨーロッパは主要な地理的チャットボット市場であり、予測期間を通じて最高の収益貢献者であると予想されています。インターネットユーザーの浸透、ソーシャルメディアユーザーの数、およびスマートフォンユーザーの数などの要因は、過去数年間のチャットボット市場の浸透に大きな影響を与えています。さらに、これらの要因は、AI対応のCRMサービスへの投資とともに、今後の市場の成長に大きな影響を与え続けると予想され、このソリューションは、地域の市場の成長を後押しすると予想されます。 2017年に世界広告主連盟(WFA)が発表したレポートによると、総人口8億3,900万人のヨーロッパ地域は、この地域のインターネットユーザーのほぼ79%を報告しています。

チャットボットマーケットのサンプルコピーをリクエストするhttps://www.theinsightpartners.com/sample/TIPTE100000724/

チャットボットマーケットインサイト

チャットボット市場に注目すべき影響を与えるAIの人気の高まり

BFSI、小売、ヘルスケア、メディア&エンターテインメント、政府など、世界中のすべての主要産業は、人工知能、IoT、ビッグデータ、予測分析などの破壊的テクノロジーを採用して投資しています。この採用は、運用効率の向上、販売収益の向上、顧客体験の向上をもたらしたAIの成功した使用事例によって推進されています。ベンダーは、顧客の理解を深め、AI機能によって売上を伸ばすためにAIテクノロジーを統合することにより、チャットボットソリューションをアップグレードしています。チャットボットの採用は、運用効率の向上、販売収益の向上、顧客体験の向上をもたらしたAIの成功したユースケースによって推進されています。ビジネスの性質は非常に競争が激しくなり、効率的に競争するために、今日の企業は有用な情報とビジネス分析に依存しています。従来、ビジネス分析ツールは、1週間または1か月前のイベントに関するデータから売上を予測するために使用されていました。リアルタイムで学習し、パターンに基づいて推奨事項を提供する人工知能テクノロジーの出現により、企業はAIをさまざまなプロセスに適用してビジネス環境と顧客をよりよく理解する絶好の機会を得ています。

人工知能により、企業は意思決定に優先順位を付けて自動化し、大きな複雑な構造化データと非構造化データを分析して、より深い洞察を提供し、正確な計画によって効率を向上させることができます。これらすべてのアプリケーションにより、人工知能はビジネスの運用効率の向上、運用コストの削減、サービス品質と顧客体験の向上を可能にします。ビジネスの複雑化と業界全体での人工知能の高度な採用により、チャットボットの市場は予測期間中に急増すると予想されています。

音声対応チャットボットの採用における高まるトレンド

車両の乗客の安全性をさらに高める、アダプティブブレーキング、セルフパーキング、バックアップカメラ、自動クルーズコントロールなどの高度な運​​転支援システムの登場。共有モビリティサービスは、自動車エコシステムで流行しているもう1つのトレンドです。ライダーと、そして相互にアベイラビリティとルートマッピングに関して相互に通信できる強力なインターネットインフラストラクチャが今後数年のトレンドを形成するでしょう。高度なセンサーがこれらの車両に統合されて効率的な通信が行われることが期待されているため、これらの自動車の電子トレンドは、チャットボット市場のプレーヤーがキャッシュするための良い機会を提供すると予想されます。

チャットボットマーケット–使用状況の分析

ウェブサイト上のさまざまな組織がチャットボットを使用して、インテリジェントな顧客サポートを提供し、効率的なターンアラウンドタイムで顧客にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しています。サイトのチャットボットは、エンゲージメント分析を使用して24時間年中無休のサポートを提供することにより、日常的な顧客の質問への回答やブランド認知の監視など、さまざまなアプリケーションに使用されます。 Webサイト用のチャットボットは、小売、eコマース、BFSI、ヘルスケア、旅行、観光など、さまざまな分野で使用されています。チャットボットは、繰り返しの多い面倒なタスクを自動化し、発生するエラーの数を減らして全体的な生産性を向上させるために広く使用されています。これの例として、バグを報告するためにWebサイトに統合され、ビジネスに関連する質問に答えることもできるスラックボットがあります。さらに、チャットボットは、一度に複数の人と会話し、各ユーザーにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、会社の全体的な効率を向上させることにより、負荷を処理します。チャットボットは、ユーザーのニーズに基づいてカスタマイズされた通知をユーザーに送信することもできるため、ビジネスに関連する顧客への更新の伝達と顧客体験の向上に役立ちます。

このレポートの購入に興味がありますか?ここをクリック@ https://www.theinsightpartners.com/buy/TIPTE100000724/

この記事を読んでいただきありがとうございます。また、このレポートをカスタマイズして、アジア、北米、ヨーロッパなどの地域について、特定の章や地域ごとのカバレッジを取得することもできます。

目次

前書き
重要なポイント
研究方法
チャットボットマーケットの風景
チャットボットマーケット–主要市場のダイナミクス
チャットボット市場–グローバル市場分析
チャットボット市場– 2027年までの収益と予測–タイプ
チャットボットマーケット– 2027年までの収益と予測–エンドユーザー
チャットボットの市場収益と2027年までの予測–地理的分析
業界の風景
チャットボットマーケット、主要企業プロファイル
付録
私たちに関しては:
インサイトパートナーは、実用的なインテリジェンスを提供するワンストップの業界調査プロバイダーです。シンジケート化されたコンサルティング研究サービスを通じて、クライアントが研究要件の解決策を得るのを支援します。私たちはテクノロジー、ヘルスケア、製造、自動車、防衛のスペシャリストです。

お問い合わせ:

インサイトパートナー、

電話:+ 1-646-491-9876

メール:sales@theinsightpartners.com

ウェブサイト:http://www.theinsightpartners.com/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close