News

トップシナリオ:COVID-19が航空宇宙整備化学市場の見方をどのように変えるか

コロナウイルス(COVID-19)の発生は、世界の航空宇宙整備化学品市場に悪影響を及ぼしています。これとは逆に、空輸の需要が大幅に増加しているのは、主に安全で安全な航空機の運用がますます重要視されているためです。また、クライアントと会社の従業員の信頼を得るために、グローバルリーダーはCOVID-19パンデミックの発生時に効果的なビジネス戦略に従っています。たとえば、環境に配慮したメンテナンスソリューションメーカーであるAqueous Solutionsは、航空機と400万平方フィートを超える空港のターミナルスペースの除染を率先して行ってきました。したがって、これらの戦略を実施することにより、市場のリーダーは主にCOVID-19以降の影響に備えています。このCOVID-19の危機的状況の間、COVID19が世界の航空宇宙整備用化学物質に与える影響を理解するためにクライアントを支援しています。私たちのレポートは次のとおりです。

  • 技術的影響
  • 社会的影響
  • 投資機会分析
  • COVID前後の市場シナリオ
  • インフラストラクチャ分析

Research Diveによって発行された新しいレポートによると、世界の航空宇宙整備化学市場は、分析期間中の成長率2.8%で2026年までに83億7,330万ドルの収益を生み出すと予想されています。市場のセグメンテーションは、航空機のタイプ、化学物質の性質、製品タイプ、および地域に基づいて行われました。レポートは、ドライバー、拘束、機会、セグメント、および市場の業界リーダーに関する重要な洞察を提供します。 

航空宇宙メンテナンスケミカル市場にどのようにCOVID-19の影響をチェックしてください @ https://www.researchdive.com/connect-to-analyst/201

成長に影響を与える要因

アナリストの予測によると、飛行機の乗客が大幅に増加しているため、保守、修理、オーバーホール(MRO)サービスの需要が高まっているため、世界の航空宇宙保守化学薬品市場の成長が促進されてい  ますこれとは逆に、厳しい政府規制と維持費の増加は、世界市場の成長を妨げると予測されています。 

接着剤セグメントは最も有利です

製品タイプに基づいて、航空宇宙用メンテナンス化学薬品の世界市場は、クリーナー、接着剤、除氷液、洗浄液などに分類されます。接着剤化学市場は2026年に13億3,620万ドルを占め、分析期間中に3.6%のCAGRで上昇すると予測されています。これは主に乗客がより衛生的で健康的な環境を好むためです。 

https://www.researchdive.com/download-sample/201   @ Aerospace Maintenance Chemicals Marketのサンプルレポートをダウンロード

Light Passengers Jetはグローバル市場で飛躍的に成長します

航空機の種類に基づいて、世界市場はヘリコプター、軽旅客機、中型旅客機、ジャンボ旅客機、宇宙機に分類されます。航空宇宙整備化学品市場向けの軽旅客機は、2026年に30億7,000万ドルを占め、予測期間中に3.4%のCAGRで成長すると予想されています。発展途上国および先進国での国内航空旅客の大幅に増加する需要は、世界市場の成長を牽引すると予想されます。

2020-26年の間に重要な市場占有率を登録する有機性化学薬品

化学物質の性質に基づいて、世界市場は無機物と有機物に二分されます。有機化学市場は2026年に67億7,750万ドルと評価され、分析期間中に2.9%のCAGRで成長すると予測されています。 

地理的分析と主要市場プレーヤー

地理的な地域に基づいて、航空宇宙整備化学品の世界市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、LAMEAに分類されます。アジア太平洋市場は、2026年に17億5430万ドルの収益を記録すると予想され、予測期間中に3.4%のCAGRで上昇すると予想されます。さらに、アジア太平洋の航空宇宙保全化学物質の成長は主に、主にインド、中国、および日本における航空化学物質の新技術の開発にますます重点が置かれていることに起因しています。 

航空宇宙保守化学品市場の市場リーダーは、AFI KLM E&M、AAR、ボーイング、ヘンケルAG&Co. KGaA、GE、ボンバルディア、Delta TechOps、エクソンモービルコーポレーション、ネクセオソリューションズ、エアバスSAS 2020で構成されています。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づくサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close