News

ビジネス:COVID-19の仮想データルーム市場への影響の詳細分析

コロナウイルス(COVID-19)の発生は、予測期間中に仮想データルーム市場プラスの影響を与える可能性があります仮想データルームは、組織がプライベートデータを保存するために使用するオンラインデータベースであり、特に金融取引に使用されます。仮想データルーム市場の成長は、主に世界中のビジネスからの知的財産とリスク管理に対する需要の高まりによるものです。さらに、拡張およびコラボレーション活動によりビジネスデータの量が増えると、レビュー期間中のグローバル仮想データルーム市場の成長が加速する可能性があります。

COVID-19のパンデミックは、ロジスティクスとサプライチェーン、製品の製造、在庫管理などの産業運営活動に劇的な影響を与えました。ただし、世界中のグローバル仮想データルーム市場で活動するいくつかの主要なプレーヤーは、他のビジネスをサポートするためのイニシアチブを取っています。たとえば、2020年7月に、Shelterzoomは、仮想交渉およびコラボレーションルーム用の新しいユーザーフレンドリーでブロックチェーンベースのプラットフォームであるDocuWalkプラットフォームの立ち上げを発表しました。仮想データルームは、ブロックチェーンで保護されたオンラインエコシステムでトランザクションのネゴシエーション、ドキュメントの保存、契約の確定を行うためのプラットフォームを提供します。これに加えて、2020年7月に、仮想データルームの大手開発者であるEthosDataは、M&Aトランザクション(合併および 買収)再編や借入のための取引拡大などの活動によるもの。これらの要素は、COVID-19パンデミックの中で、グローバル市場のグローバル仮想データルームの成長を加速させる可能性があります。

https://www.researchdive.com/request-toc-and-sample/329 @ グローバル仮想データルーム市場のサンプルレポートをダウンロード

レポートは、今後数年間の戦略、運用、財務計画の市場リーダーをガイドするように設計されています。私たちのレポートは以下で構成されています:

  • 技術的影響
  • 社会的影響
  • 投資機会分析
  • COVID前後の市場シナリオ
  • インフラ分析
  • 供給サイドと需要サイドの影響

Research Diveが最近発表したレポートによると、グローバルな仮想データルーム市場は、2027年までに34億6000万ドルの収益を記録し、2020年から2027年までのCAGRが14.5%になると予測されています。

レポートは、コンポーネント、展開モード、ビジネス機能、組織の規模、アプリケーション、エンドユーザー、および地域に基づいて、グローバル仮想データルーム市場をセグメント化します。このレポートは、推進要因と抑制要因、市場機会、重要なセグメント、および市場の業界プレーヤーに関する重要な洞察を提供します。

市場の成長に影響を与える要因

最近発表されたリサーチダイブのレポートによると、仮想データルーム市場の成長は、主に世界中のビジネス拡大活動の大幅な成長に起因しています。ただし、低所得国および中所得国における専門知識の不足と製品普及率の低さが、分析期間中のグローバルな仮想データルーム市場の成長を抑制する可能性があります。

サービスセグメントは、グローバル業界で指数関数的な市場成長を遂げる

コンポーネントに基づいて、仮想データルームのグローバル市場は、ソフトウェアとサービスに分類されます。サービスサブセグメントは、費用対効果、高い信頼性、および使いやすさにより、予測期間中に大幅な成長が見込まれます。

チェックアウトどのようにグローバル仮想データルーム市場でCOVID-19インパクト @ https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/329

クラウドセグメントは、予測期間中に最も収益性の高いセグメントであることが期待されています

展開モードに基づいて、仮想データルームのグローバル市場は、オンプレミスとクラウドに二分されます。クラウドデプロイメントモードは、実行の単純さとクラウドプラットフォームへの容易なアクセス性により、予測期間中にグローバル市場で大幅な成長を遂げます。

財務と労働力管理が最も有利になる

ビジネス機能に応じて、グローバル市場は主にマーケティングと販売、法務、財務、労働力管理に分かれています。予測される期間を通じて、金融および労働力管理は、グローバル市場で最も急成長するセグメントになります。一方、販売&マーケティングセグメントは、予測期間中に、グローバル市場で最大の市場シェアを保持すると予測されます。

中小企業(SME)は大規模な成長を予測する

組織の規模に基づいて、グローバルな仮想データルーム市場は、大企業と中小企業に分類されます。中小企業セグメントは、主にMSME全体でのサイバー攻撃の大幅な成長により、注目に値するCAGRで急増すると予測されています。

COVID-19がグローバル仮想データルーム市場に与える影響を確認してくださいここをクリックして、アナリストに接続します@ https://www.researchdive.com/connect-to-analyst/329

合併と買収は2027年まで急成長するセグメントになると予想されています

アプリケーションに基づいて、仮想データルームのグローバル市場は主に、新規株式公開(IPO)、M&A(M&A)、知的財産(IP)権、ドキュメントウェアハウジングなどに分類されます。合併と買収活動のアプリケーションセグメントは、主に相互の情報、技術、およびその他のリソースを共有する必要があるため、予測期間中にかなりの市場を持つものとします。

小売&eコマースセグメントは最も有利です

エンドユーザーに基づくと、グローバルな仮想データルーム市場は、ITおよび電気通信、BFSI、政府、ヘルスケア、小売およびEコマース、建設などに大別されます。小売&Eコマースセグメントは、予測期間中に、グローバル市場で最高のCAGRで成長する予定です。ブリックアンドクリックモデルの小売業者での仮想データルームサービスの採用の拡大は、予測される期間にわたって、セグメントの成長に大きな機会をもたらす可能性があります。

市場の地域内訳

地理的な地域に応じて、仮想データルームのグローバル市場は、北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、LAMEAに分割されています。分析期間中、アジア太平洋の仮想データルーム市場はかなりの成長率で上昇すると予想されます。これは主に、政府での仮想データルームの採用の増加、可処分所得の増加、特に中国、インド、オーストラリアでのテクノロジーの絶え間ない発展によるものです。

仮想データルーム市場で確立された主要企業には、Caplinked、Brainloop AG、Drooms GmbH、Citrix Systems Inc.、Firmex Corporation、Ethos Data Holdings Ltd.、Datasite、Intralinks Holdings Inc.、Vault Rooms Inc.、およびPandesa Corporationが含まれます。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制された排他的なデータモデルのみに基づいたサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府発行の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な期間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close