News

休校期間中のスペイン旅行で娘が新型コロナに感染…呆れた親のモラル(日刊ゲンダイDIGITAL)

21日、新型コロナウイルスへの感染が判明した沖縄在住の10代女子生徒は、休校期間中(2日~)に家族でスペイン旅行を楽しんでいた。

女子生徒は母親ときょうだい3人、叔母の計6人で13日からスペインに出掛け、20日午前9時30分、首都マドリードから成田空港に帰国した。一行は空港の検疫所でPCR検査を受け、職員から「結果が出るまで空港内で待機してください」と要請されたが、拒絶。説得にあたった職員を振り切ってリムジンバスに乗り込み、羽田空港に向かった。午後5時ごろ、国内線に乗り継ぎ、那覇空港へ出発。到着後、迎えに来た父親の運転する車で自宅に帰った。午後11時ごろ、女子生徒の陽性反応が確認され、翌朝、成田検疫所から保護者に伝えられた。

羽田空港までのバスには6人以外、乗客はいなかったため、県は那覇空港行きの国内線の前後1列に搭乗していた乗客2人と、父親の計8人を濃厚接触者として健康観察をしている。

■感染危険地域にノコノコと

どうして成田空港で職員の待機要請に従わなかったのか。検査結果が出るまで空港で待機となれば、乗継便をキャンセルしなければならず、新たな航空券の購入費や宿泊費などが自己負担となる、といった事情があったとみられる。

「なぜこんな時に旅行に行ったのか、待機要請に応じなかった理由など、まだ話を聞けていません。要請はあくまでお願いベースで、強制力はありません。ただ他人に感染させない観点から協力して欲しかった」(沖縄県保健健康部担当者)

一行が約1週間過ごしたスペインでは、10日ごろから感染者が爆発的に増え続け、中国、イタリア、米国に次いで世界4位の3万3089人となり、死亡者数も2182人に上る(23日現在)。感染者の多くがマドリードにいるとみられ、スペイン政府は14日に非常事態宣言を行い、さらに4月11日まで延長した。そんな感染危険地域にノコノコ出掛けるなど、「うつして下さい」と言っているようなものだ。しかも休校中である。

そのうえ、検疫所の待機要請に応じず、不特定多数に感染リスクを負わせたのだから、どうかしている。本人たちが感染するだけなら自己責任だが、感染リスクを持ち込んだのだから、明らかに迷惑行為だ。

(Source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close