News

有益なレポート:航空宇宙整備化学市場の将来はどうなるか

巨大な成長を達成し、2026年までに85億1,270万ドルの収益を生み出す世界の航空宇宙整備化学市場および有機化学品セグメントは、来年には高い投資機会を持つ

航空宇宙整備化学市場へのCOVID-19の影響

COVID-19危機の出現により、世界は健康の大流行と経済的緊急事態との戦いに直面しており、数兆ドルの収益にほとんど影響を与えています。

Research Diveの熟練したアナリストのグループは、企業がこの経済危機の中で生き残り、維持するのに役立つソリューションを提供します。資格のある専門家チームによる包括的な調査から得られた調査結果に基づいて、情報に基づいた意思決定を行う企業をサポートします。

私たちの研究は、以下を取得するのに役立ちます:

  • Covid-19の市場への長期的および短期的影響
  • 拡張エコシステムへの影響による、航空宇宙整備化学市場に対するCovid-19の連鎖的な影響
  • COVID-19前後のパンデミックの市場行動を理解する
  • マイナスの影響を克服する、またはプラスの影響を機会に変えるための戦略の提案

私たちは、ビジネスインテリジェンスソリューションを通じて、この危機との戦いを支援します。

ビジネスの洞察をコンテキスト化するためにアナリストとつながる:https : //www.researchdive.com/connect-to-analyst/27

航空宇宙整備化学市場
に関するCOVID-19以前の分析
長い間、科学、工学、ビジネスの完璧な融合により、人は飛行機の驚くべき発明を思いつきました。この発明は人類への祝福として間違いなく証明されました。忙しいスケジュールに贅沢さと便利さの両方を加えることで、私たちの生活を次のレベルに引き上げました。調査によると、   リサーチダイブの航空宇宙整備化学市場は、世界市場が2026年までに85億1,270万ドルを超えると予測しています。

製品タイプ別の航空宇宙整備化学市場のセグメンテーション

  • 除氷液
  • 洗浄液
  • 接着剤
  • クリーナー
  • その他

航空機の高齢化と航空機の老朽化の増加が相まって、https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/27のGlobal Aerospace Maintenance Chemical Marketの成長を大幅に後押ししています。

航空宇宙産業は、航空機の研究、設計、製造、運用、および保守に関するすべてです。航空機整備業者が従う他のすべての重要な活動に加えて、航空機の清掃とメンテナンスも最も重要です。これは主に航空機の燃料効率を改善する必要性が高まっているためです。また、先進国と発展途上国の航空機旅行者の急速な成長により、いくつかの地域で高度な航空宇宙整備ソリューションの需要が高まっています。

航空宇宙整備化学市場における航空機のタイプの主要市場セグメンテーション

  • ジャンボ旅客機
  • 中型旅客機
  • 軽旅客機
  • 宇宙機
  • ヘリコプター

航空宇宙整備用化学薬品は、航空機サービスの円滑な機能を維持するためのそのようなソリューションの1つです。これらの化学物質は、航空機の運用能力に使用されるクリーナーにすぎません。これらは、洗浄剤、脱脂剤、ペイントストリッパー、ペイントリムーバー、航空機の洗浄機および研磨機として使用されます。これらのクリーナーは、機体を腐食のない状態に保ち、内側と外側をきれいにします。

航空機のメンテナンスを維持するための新しい技術

いくつかの研究により、航空業界は航空機のメンテナンスを維持するために多くの新しい技術を導入しており、その1つが航空機のドライウォッシュ技術です。この技術では、航空宇宙のドライウォッシュ洗浄薬品が使用され、洗浄目的で必要な水量が非常に少なくなります。さらに、航空機はこの手順の後も衛生的で清潔な状態を保ち、燃料消費率を下げます。

https://www.researchdive.com/download-sample/27 で、2026年末までにCleanersセグメントが最も有利になると予測されている方法を確認してください。

化学物質の性質による航空宇宙整備化学市場のセグメンテーション

  • オーガニック
  • 無機

現在、航空宇宙整備化学品市場は開発段階にあり、今後数年間で確実に成長します。世界の航空宇宙整備化学品市場に関するResearch Diveの調査による と、市場は2026年までに85億1,270万ドルの収益を生み出し、2019年から2026年に3.6%のCAGRで拡大すると予想されています。これは、この業界の複数の企業に起因します新製品の開発と発明を通じてビジネスを拡大しています。これらの市場のプレーヤーは、合併や買収、合弁事業などの多くの戦略とともに、航空宇宙用メンテナンス化学市場におけるいくつかの最近の傾向を採用しています。

2018年2月、AAR Corp.は、インドの大手航空会社であるIndamer Aviationとの合弁事業を締結し、インドに新しい保守、修理、オーバーホール(MRO)施設を導入しました。これにより、この国の保守、修理、オーバーホールサービスの運用の成長が改善されます。高度な製品開発とは別に、市場関係者は、航空宇宙整備化学品市場での地位を向上させるために、流通ネットワークの強化にも注力しています。2017年8月、Nuvite Chemical Compoundsは機体メンテナンス用のNPC / 3ドライウォッシュ製品ラインを導入しました。これらの新製品は、ほこりや臭いを最小限に抑えてNPC / 3の機能を改善することを目的としています。このイニシアチブは、同社が追加のメリットを提供して製品提供を改善するのに役立ちました。

市場の主要なプレーヤー

  • AAR Corporation(NYSE:AIR)
  • ボーイング社(NYSE:BA)
  • ボンバルディア社(TSE:BBD.B)
  • エンブラエルSA(BVMF:EMBR3)
  • Henkel AG&Co. KGaA(ETR:HEN3)
  • エクソンモービルコーポレーション(NYSE:XOM)
  • Eastman Chemical Company(NYSE:EMN)
  • エールフランス産業とKLMエンジニアリング&メンテナンス
  • エアバスSAS
  • GEアビエーション
  • Nexeoソリューション
  • Delta TechOps

最近、Textron Inc.(NYSE:TXT)の会社であるTextron Aviation Inc.は、Textron Inc.がオーストラリアの保守、修理、オーバーホール(MRO )サービスプロバイダー。以前は認定サービス施設(ASF)と呼ばれていたPremiairは、Textron Aviation社が所有するグローバルサポートネットワークに参加して、オーストラリア中の戦略的に配置されたサービスセンターでセスナ、ビーチクラフト、ホーカーの製品にサービスを提供します。

完全なレポート(TOC、図、グラフなど)にアクセスする @ https://www.researchdive.com/27/aerospace-maintenance-chemical-market

グローバルな航空宇宙保守化学薬品市場で機能している他のプレーヤーには、GE Aviation、Air France Industries KLM Engineering&Maintenance、Exxon Mobil Corporation、AAR Corporation、Airbus SAS、Boeing Company、Delta TechOps、Bombardier Inc.、Embraer SA、Nexeo Solutions、Henkelがあります。 AG&Co. KGaA、Eastman Chemical Company、その他。一方、宇宙探査分野での発明の拡大も北米の市場の成長に大きく貢献しています。SpaceXなどの組織では、宇宙探査機(SEV)、無人航空機(UAS)、高度な民間航空機や軍用機などの多くの活動が開発段階にあります。このような革新的な開発は、今後数年間の航空宇宙整備化学業界の成長への道を開いています。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づくサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close