News

癌治療市場の臨床調査および最近の技術進歩2020-2024

世界の癌治療市場は、2018年に1億3,254億5,300万ドルと評価され、2024年には2億2,701万2,600万と評価され、CAGRは8.37%と予測されています。

世界の癌治療市場この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。研究では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

市場の成長を牽引している特定の要因には、患者支援プログラム(PAP)の増加、がんの意識向上のための政府の取り組みの増加、世界中のがんの有病率の上昇、主要なプレーヤーによる強力なR&Dの取り組みがあります。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08071391069/cancer-therapy-market-growth-trends-and-forecast-2019-2024/inquiry?source=MW&Mode=21

レポートの範囲に従って、がん治療は、がん細胞の成長または拡大に関与するDNAやタンパク質などの特定の分子を妨害することにより、がんの成長と増殖を阻止する薬剤です。これらの治療には、手術、放射線療法、化学療法、免疫療法などが含まれます。

各メーカーの生産、価格、収益(価値)、市場シェアを含む、トップメーカーによる市場競争。トッププレイヤーを含む-

Amgen Inc.、AstraZeneca PLC、Bayer AG、Johnson and Johnson、Merck&Co. Inc.、F。Hoffmann-La Roche AG、Eli Lilly and Company、Novartis AG、Pfizer Inc.

市場概況

4500万人以上のアメリカ人が健康保険に加入しておらず、数百万人が保険不足です。無保険の10人中8人は、働く家族の出身です。健康保険加入者のうち​​、65歳以下の10名に1名、65歳以上の3名に1名は、処方薬の保険に加入していない。そのため、患者支援プログラム(PAP)は、健康保険や処方薬の適用範囲が不足している患者が必要な薬を手に入れるのを助けるために登場しました。これらのプログラムは、深刻な病気に苦しんでいる患者に無料または低価格の処方薬を提供するために製薬会社によって提供されます。

ファイザーやイーライリリーなどのいくつかの大手製薬会社も、慢性疾患に苦しんでいる無保険の患者を支援するためにこれらのプログラムを開始しました。したがって、癌に苦しんでいる多数の無保険の患者も癌治療を受ける可能性があり、これは市場の成長を増大させる可能性が高い。

市場産業の動向-

ターゲット療法の区分は予測期間の最も速い成長を示すと期待されます

ターゲット治療セグメントは、予測期間中に9.68%の最高のCAGRを示すと予想されます。標的療法には、ホルモン療法、遺伝子発現モジュレーター、アポトーシス誘導剤、血管新生阻害剤、免疫療法、シグナル伝達阻害剤、および毒素送達分子が含まれます。標的外治療は、癌細胞に対するその特異性のために重要性を獲得している一方で、標的外細胞への毒性を回避しています。

乳がんセグメントは、予測期間中に最大の市場規模を占めると信じられています。これは主に、世界中で乳癌の有病率が高く、継続的に増加していることに起因しています。2018年に乳がん機関が提供した推定によれば、米国の女性では2,66,120件を超える浸潤性乳がんの新規症例が診断されると予測されており、非浸潤性(in situ ) 乳癌。

地域/国別の市場セグメント、このレポートでは
、北米(米国、カナダ、メキシコ)
グローバル(ドイツ、イギリス、フランス、その他の
地域)アジア太平洋(中国、インド、日本、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(世界、アルゼンチン、その他の中南米)
中東およびアフリカ

で独占割引を受ける

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08071391069/cancer-therapy-market-growth-trends-and-forecast-2019-2024/discount?source=MW&Mode=21

この調査で取り上げられている主なポイントは次のとおりです。

  • がん治療市場の概要、タイプ別(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2019-2024)、メーカー別競争
  • がん治療の世界市場規模(価値)(2019-2024)
  • 世界のがん治療能力、生産、収益(価値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別輸入(2019-2015)
  • 世界のがん治療薬の生産、収益(値)、タイプ別の価格動向
  • アプリケーション別の世界のがん治療市場分析
  • グローバルがん治療メーカーのプロファイル/分析
  • がん治療の製造コスト分析
  • 産業チェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー
  • マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
  • 市場効果要因分析
  • 世界の癌治療市場予測(2019-2024)
  • 競争環境
  • 調査結果と結論

最後に、このCancer Therapyレポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発展望をカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーション、最近の癌治療製品の開発とは対照的に、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話:+ 1704 266 3234

Mob:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close