News

自動車用パワークロージャ市場での競争が激化する新規参入者の出現2019年-2029年予測

COVID-19のパンデミックは、自動車セクターの供給と製造の混乱を引き起こし、あらゆる面で不確実性を生み出しています。この危機の最中のモビリティの好みに関する顧客の行動の変化は、自動車の状況を変えています。 

このパンデミックの状況は、貿易制限と国境の閉鎖のために多くの生産ラインをシャットダウンし、必要な部品の不足を引き起こし、供給の分配を制限しました。ワークスペースの閉鎖や短時間労働者の解雇など、さまざまな強制措置が自動車業界の成長率を低下させています。 

景気後退への懸念の高まりにより、全体的な売上と収益が減少すると推定されています。限られた部品の供給と労働力の減少により、主要なOEMは生産を停止せざるを得なくなりました。需要の大幅な減少により、労働者への給与の支払いにおいて非常に重要な資金の流入が制限されました。COVID-19パンデミックに関する不確実性が高まる中、業界のリーダーたちは状況に適応するための対策を講じています。

自動車用パワークロージャ市場:はじめに

自動車用パワークロージャは、ドアロック、ドアクロージャアシスト、パワーリフトゲート、パワースライディングドア、パワーリアデッキ蓋の開閉アプリケーションに広く使用されているシステムです。自動車用パワークロージャは、リモートコントロールパワークロージャシステム、速度調整操作、ワンタッチ起動システムなどの機能も提供します。これにより、自動車メーカーは顧客に優れた車両の快適さを提供できます。自動車のパワークロージャは、制御アルゴリズムを使用して円滑かつ調和して機能します。自動車のパワークロージャーは、リフトゲートやルーフ、窓を閉めることによる怪我のリスクを軽減し、車の見た目の美しさも高めます。

サンプルレポートのリクエストはこちら  https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30507

自動車用パワークロージャ市場:ダイナミクス

自動車のパワークロージャは、車両の安全性を高め、扱いやすさを提供し、操作ベースの操作は手動ベースのクロージャシステムよりも便利であるため、自動車業界では、自動プロトタイプへのクロージャシステムのパラダイムシフトに直面することが予想されます。遠隔操作システムへの消費者の好みの変化に伴い、自動車OEMは現在、手頃な価格でリモートコントロール自動車用パワークロージャシステムを提供しており、自動車パワークロージャ市場のフットプリントを活用しています。消費者の間で強化された安全性と扱いやすさの特徴への傾向は、今後数年間で自動車の電源閉鎖市場を牽引すると予測されています。さらに、電気自動車の導入により、統合型点火兼パワークロージャシステムは、自動車のパワークロージャ市場の成長をさらに促進しました。従来の車両の自動車用パワークロージャーのレトロフィットセグメントは、サイドドア、パワースライドドア、パワーコンバーチブルルーフ、パワーサンルーフなどのさまざまなコンポーネントでの幅広い消費により、大きなシェアを持つと予想されます。手動で操作される従来のシステムと比較して自動車のパワークロージャのコストが高いことは、自動車のパワークロージャ市場の成長を妨げる要因の1つです。パワーサンルーフなど。手動で操作される従来のシステムと比較して自動車のパワークロージャの高いコストは、自動車のパワークロージャ市場の成長を妨げる要因の1つです。パワーサンルーフなど。手動で操作される従来のシステムと比較して自動車のパワークロージャの高いコストは、自動車のパワークロージャ市場の成長を妨げる要因の1つです。                    

自動車用パワークロージャ市場:セグメント

自動車のパワークロージャは、アプリケーション、適合、および車両タイプに基づいてセグメント化できます。

アプリケーションに基づいて、自動車のパワークロージャ市場は次のように分割できます。

  • パワーサイドドア
  • パワー引き戸
  • パワーコンバーチブルルーフ
  • パワーウィンドウ
  • パワーテールゲート
  • パワーサンルーフ

フィットタイプに基づいて、自動車のパワークロージャ市場は次のように分割できます。

  • 最初の適合
  • 再フィット
    • スイッチ
    • ECU(電子制御ユニット)
    • ラッチ
    • リレー
    • モーター/アクチュエータ

車両タイプに基づいて、自動車のパワークロージャ市場は次のように分割できます。

  • 乗用車(PC)
  • コンパクト
  • 中規模
  • SUV
  • 贅沢
  • 商用車
  • LCV
  • HCV

自動車用パワークロージャ市場:地域別の見通し

北米では、巨大な車両群とこの地域でのカスタマイズされた車の傾向により、顕著なシェアが見込まれています。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、アジア太平洋地域は自動車生産の約3分の1を占めており、この地域は自動車のパワークロージャー市場で今後数年間で顕著なシェアを占めると推定されています。ヨーロッパは、自動車セクターにおける先進技術、特に車両の安全機能の強化に関連する機能を早期に採用したことで知られています。これはまた、厳格な政府規制と、自動車のプレミアム機能に対する消費者の高い意識によって推進されています。これらの要因により、この地域の自動車用パワークロージャ市場の需要が高まると予想されます。中東 &

サンプルレポートのリクエストはこちら

ここで事前予約を確認 

自動車用パワークロージャ市場:主要な関係者

自動車用パワークロージャ市場の主要な市場参加者のリストは次のとおりです。

主要なプレーヤー:

  • Johnson Electric Holdings Limited
  • Brose Fahrzeugteile GmbH&Co. KG
  • Denso Corporation
  • アイシン精機。株式会社
  • マグナインターナショナル
  • Continental AG
  • Robert Bosch GmbH
  • Kiekert AG
  • NIDECモーター&アクチュエータ
  • セビグループ

 「自動車のパワークロージャ市場に関する調査レポートは、市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、および統計的にサポートされ、業界で検証された市場データを含んでいます。自動車のパワークロージャ市場レポートには、適切な一連の仮定と方法論を使用した予測も含まれています。自動車のパワークロージャ市場に関する調査レポートは、アプリケーション別、適合別、車種別などの市場セグメントに応じた分析と情報を提供します

ここで予約前をチェック  https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/30507 

このレポートを購入する理由:

精度と品質
当社のレポートは、信頼できる正確な結果に基づいて、優れた品質のレポートを提供するよう努めています。
顧客満足
私たちは、クライアントの研究ニーズがカスタマイズされた最高のソリューションで確実に満たされることを目指しています。
比類のない専門知識
当社のアナリストとコンサルタントは、その分野で最高であり、優れた市場情報を提供することを約束します。
360度の分析
クライアントに業界の網羅的な説明を提供するために、方向性を変える必要はありません。Persistence Market Researchの  プロアクティブなアプローチは、グローバルな自動車セクターのクライアントに早期のイノベーションの機会を特定します。次のような次世代自動車テクノロジーに関する洞察 コネクテッドカー、自動車排出ガス制御、V2V、自動運転車、電気自動車およびハイブリッド車、拡張現実ダッシュボードにより、お客様は常に革新の最前線に立つことができます。

当社のコンピテンシーは、通常の市場調査にとどまらず、増加する環境規制、進化する消費者の嗜好、および新興市場の変化するランドスケープを特徴とする業界に合わせたソリューションを提供します。 

レポートのハイライト:

  • 産業ダイナミクスの変化
  • 詳細な市場セグメンテーション
  • 歴史的、現在および予測される業界規模最近の業界動向
  • 主な競争状況
  • 主要プレーヤーの戦略と製品提供
  • 有望な成長を示す潜在的でニッチなセグメント/地域
  • 市場パフォーマンスに対する中立的な視点

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close