Technology

誘導型および線形型可変差動変圧器(LVDT)センサーの市場成長分析と2020年の進歩見通し(2020 COVID-19の世界的な広がりに基づく)

世界の誘導および線形可変差動変圧器(LVDT)センサー市場–成長、トレンド、予測(2020 – 2025)

誘導型およびLVDTセンサー市場は、予測期間(2020〜2025)にわたって10%のCAGRで成長すると予想されます。自動車および輸送業界でのアプリケーションの需要の増加は、予測期間の市場を牽引すると予測されています。

–現在の市場シナリオは、近接警報システム、自動車駐車システム、監視および測定システムなど、さまざまなアプリケーション分野での誘導およびLVDTセンサーの使用が大幅に増加していることを示しています。

–自動車のセキュリティおよびインフォテインメントシステムの技術的改善などの要因、および工場のプロセス自動化への高まるトレンドは、LVDT市場を牽引すると予想されます。しかし、非接触変位センサー(NCDT)とその登場により、発展途上国では接触から非接触の位置検出への切り替えが行われています。

–食品および飲料業界では、安全目的のために業界が高度に規制されているため、これらのセンサーは好ましい選択肢になっています。成長する食品および飲料市場は、予測期間中の市場成長を増大させると予想されます。

–さらに、運転支援システムや電気自動車の開発に加えて、安全およびセキュリティシステムの急速な発展により、誘導式およびLVDTセンサーの需要が高まっています。スイッチングコストが低く、多数のサプライヤーがいるため、誘導性およびLVDTセンサー市場のバイヤーの交渉力が抑えられます。しかし、多数のメーカーの存在、技術の差別化の欠如、および高い初期コストにより、参加者は商品メーカーとして競争するようになっています。

リンクをクリックして 、レポートのサンプルコピー取得し  ます

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745815/inductive-and-linear-variable-differential-transformer-lvdt-sensors-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=56

レポートの範囲

センサーは、技術システムの目と耳と見なされます。LVDTは、機械的な動きや振動、特に直線的な動きを可変の電圧、電流、または信号に変換する電気機械センサーです。これは変圧器のタイプであるため、ACでのみ機能しますが、誘導センサーは何かがそれに近接しているかどうかを示す近接センサーです。誘導センサーとLVDTセンサーはどちらも渦電流効果に作用しますが、それらが提供する精度と出力で区別されます。誘導型近接センサーは、通常、出力をバイナリで提供します。

主な市場動向

航空宇宙および防衛分野でのアプリケーションは、誘導性およびLVDTセンサーの巨大な需要を生み出します

–航空宇宙でのLVDTの適用は、エンジン、飛行制御、前輪操舵、パイロット制御で継続的に監視するために深遠です。プライマリまたはセカンダリフライトコントロール-フラップ、スラット、スポイラーの位置フィードバックをLVDTで取得して、フライトコントロール作動システム内のメカニズム位置を検出できます。複数のスラットまたはフラップがある航空機の場合、すべてのパネルが同期して機能することを確認することが不可欠です。

–また、LVDTセンサーの位置データのサポートは、飛行制御の作動システムを指示するのに役立ち、それにより、制御へのパイロット入力の適切な実行に貢献します。データはパイロットにフィードバックを提供するためにも使用され、フライトコンピュータは他の航空機システムロジックで使用されます。また、エンジンリンケージの位置やバルブの機能状態の検出にも使用されます。これらのセンサーは、エンジンリンケージの位置やバルブの状態を特定するために、エンジンリンケージや多くの種類の航空宇宙用バルブで使用できます。

–世界的な緊張の高まりにより、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、アフリカ、ラテンアメリカの防衛製品への支出が増加し、それぞれの地域の防衛予算の成長に影響を与えています。

–特に中東およびアフリカ地域とアジア太平洋地域におけるGDP成長、比較的低い原油価格、および強力な旅客旅行需要は、おそらく商業航空宇宙セクターの成長を牽引していると思われます。航空宇宙および防衛産業の全体的な成長といくつかのリストされたアプリケーションは、予測期間中にLVDTセンサーの市場が安定した成長に設定されることが不可欠です。

これのアベイル独占割引:(フラット20%オフ)

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745815/inductive-and-linear-variable-differential-transformer-lvdt-sensors-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?Mode=56

重要な市場シェアを占める北米のアカウント

–誘導およびLVDTセンサー市場を支配している北米は、オートメーション、航空機、パワータービン、衛星、油圧、原子炉など、この地域ですでに活況を呈しているアプリケーションなどで広く使用されています。

–誘導性およびLVDT市場の企業(地域の)が従う主要な戦略のいくつかは、製品の提供を拡大するとともに、地理的範囲の拡大に役立つと期待される新製品の発売と買収です。この地域の競争レベルは、多くの市場プレーヤーが市場シェアを獲得するために戦っているので、激しいと予想されます。

競争環境

主要なプレーヤーには、RDP Electrosense、Inc.、IFM Effector、Inc.、Micro-Epsilon、Trans-Tek、Inc.、Kenyence Corporation、Brunswick Instrument、LLC、OMEGA Engineering、Inc.、Ametek Solartron Metrology、およびTE Con​​nectivity Ltdが含まれます。とりわけ。主要なプレーヤーの間で大きな競争があるため、市場集中は低くなります。

– 2018年11月–キーエンスは、新しい広域3D測定システムVR-5000を発売しました。VRシリーズは、わずか1秒で30 mmを測定でき、最大測定範囲は200 mm x 100 mmです。VRシリーズには、高さ、幅、角度、半径などを測定するためのツールを備えた断面プロファイル測定メニューが含まれています。

このレポートを購入する理由:

– Excel形式の市場予測(ME)シート
–クライアントの要件に応じたレポートのカスタマイズ
– 3か月間のアナリストサポート

レポートの完全な説明と目次を参照します。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745815/inductive-and-linear-variable-differential-transformer-lvdt-sensors-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025?Mode=56

また、特定のクライアント要件に基づいてレポートをカスタマイズすることもできます。

–選択した5か国の無料の国レベルの分析。
– 5つの主要市場プレーヤーの無料の競争分析。
–他のデータポイントをカバーするための無料の40時間のアナリスト。

注-私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能な場合は、Q3のレポートに追加のCOVID-19アップデート補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、技術とメディア、化学物質、材料、エネルギー、重工業などを含む業界の垂直市場に関するシンジケート市場調査を  提供します。統計的予測、競合状況、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売責任者)-マーケットインサイトレポート
sales@marketinsightsreports.com  | irfan@marketinsightsreports.com
電話:– + 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close