News

COVID-19の詳細分析:電子化学品市場で今日知っておくべきこと

半導体デバイスをスムーズに機能させるには、適切なメンテナンスが必要です。その結果、一部の特定の電子化学物質は、半導体のエッチング、洗浄、ドーピング、研磨、およびオーバーホールに使用されます。電子部門は、電子部品および製品の製造、パッケージング、印刷のいくつかの処理段階でさまざまな種類の高度な化学物質を使用します回路基板(PCB)、シリコンウェーハおよび集積回路、化合物半導体およびオプトエレクトロニクス、フラットパネルディスプレイ製品。

COVID-19がどのようにして世界の電子化学品市場に影響を与え、アナリストと連携してビジネスに関する洞察をコンテキスト化するか:https ://www.researchdive.com/connect-to-analyst/177

シリコンウエハー化学薬品は、最も広く使用されているタイプの電子化学薬品です。シリコンウェーハは、結晶シリコンを使用して作られた半導体のごく一部です。この部品は、集積回路の構築に不可欠なコンポーネントであり、マイクロエレクトロニクスデバイスの基板として機能します。電子機器部門以外にも、食品および化粧品、自動車、農業、繊維および航空宇宙、製造などのいくつかの業界では、さまざまなデバイスのメンテナンスと円滑な機能のために電子化学薬品を使用しています。

電子化学薬品の需要の高まり

電子化学物質は、性能化学物質とも呼ばれ、産業用および消費者向け電子機器の性能を維持するために使用されます。近年の技術開発の高まりにより、新しいタイプの電子化学物質が導入されています。メタンスルホン酸は、バイオ燃料および化学合成、工業用洗浄、電子機器分野の金属表面処理などのいくつかの用途で使用される電子化学物質の一種です。2020年1月、化学大手のBASFは、メタンスルホン酸の生産能力拡大に投資することを宣言しました。

https://www.researchdive.com/download-sample/177 @ グローバル電子化学品市場のサンプルレポートをダウンロード

さらに、電気部品の製造における半導体および統合チップの使用の増加により、高品質の電子化学薬品の必要性が大幅に高まっています。その結果、オーバーホールやメンテナンスのために電子化学薬品を必要とする電気部品を構築する必要性が高まり、近い将来、世界の電子市場の成長を加速させることが期待されています。ただし、電子化学薬品の使用に関する厳格な政府規則の実施と、電気部品の新しい製造ユニットの設置に伴う高コストにより、電子化学薬品の使用と需要がある程度制限されると予測されています。 

電子化学分野における最近の動向と発展

北米やアジア太平洋地域の国などのいくつかの新興経済国では、さまざまな最終用途産業からの特殊化学製品の需要が増加しています。その結果、これらの化学物質の急増する需要に対処するために、グローバルな電子化学物質セクターのいくつかの市場プレーヤーは、買収、事業拡大、製品の発売と開発、パートナーシップ、合併などのさまざまな主要なビジネス戦略を実施しています。グローバル市場での競争の激化を乗り切るために、市場プレーヤーは顧客に高品質の製品を提供することを積極的に求めています。

たとえば、2016年6月に、パッケージング、インフラストラクチャ、および消費者ケアのお客様に画期的で持続可能なソリューションを提供することを約束する材料科学のリーダーであるダウは、スラリープラットフォーム「OPTILANE CMP」を開発しました。このプラットフォームは、高度な半導体の製造に使用されます。 

グローバルなエレクトロニクス製造セクターで機能している他の主要なプレーヤーには、BASF SE、Air Liquide SA、MacDermid、Inc、Sumitomo Chemical Co. Ltd、Wacker Chemie AG、Honeywell International、Inc.、Hitachi Chemical Co. Ltd.、Merck KGaAがあります。 、Solvay SA、その他。

電子化学薬品市場は、半導体製造、フォトリソグラフィー印刷、フラットパネルディスプレイの製品需要の増加により成長すると予測されています@ https://www.researchdive.com/purchase-enquiry/177

特許は、新しく発明された技術の所有権を保護する上で大きな役割を果たします。したがって、このセクターのいくつかの企業は、彼らの発明と開発に対する彼らの所有権を保護するために彼らの新しい発明を提出しています。強化された技術的進歩を備えたコンパクトでより熟練した電子製品に対する消費者からの増大した需要は、電子化学分野における研究開発活動を増加させました。さらに、いくつかの国の統治機関は、資金を提供し、支援政策を実施することにより、革新的な技術の開発を奨励しています。これにより、この市場に関連する特許登録の数が急増しました。 

電子化学セクターの未来の規模

Research Diveのレポートによると、2019年から2026年にかけて6.3%の成長率で成長することにより世界の電子化学薬品市場は35,866.5百万ドルの収益をもたらすと予想されています。この地域での電子部品およびデバイス製造会社の数の増加による成長。レポートによると、全体的に市場は大幅に成長し、今後の新しい高さに到達すると予想されます。

私たちに関しては:
Research Diveは、インドのプネーを拠点とする市場調査会社です。サービスの完全性と信頼性を維持しながら、同社は、包括的かつ正確な分析を保証する360度の調査方法によって強制される、独自のデータモデルのみに基づくサービスを提供します。いくつかの有料データリソース、専門家の研究チーム、厳格な労働倫理への前例のないアクセスにより、同社は非常に正確で信頼できる洞察を提供しています。リサーチダイブは、関連するニュースリリース、政府の出版物、数十年に及ぶ貿易データ、テクニカル&ホワイトペーパーを精査し、必要なサービスを必要な時間内にクライアントに提供します。その専門知識は、ニッチ市場の調査、主要な推進要因のターゲット設定、および脅威となる障害の発見に重点を置いています。補足的に、

お問い合わせ:
Mr. Abhishek Paliwal
Research Dive
30 Wall St. 8th Floor、New York
NY 10005(P)
+ 91(788)802-9103(India)
+1(917)444-1262(US)
フリーダイヤル:+1 -888-961-4454
Eメール:support@researchdive.com
LinkedInの:  https://www.linkedin.com/company/research-dive/
ツイッター:  https://twitter.com/ResearchDive
Facebookの:  https://でwww.facebook.com/Research-Dive-1385542314927521
ブログ:https : //www.researchdive.com/blog
フォローする:  https//marketinsightinformation.blogspot.com/

 

 

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close