News

Facebookは大陸でのインターネットアクセスを促進するためにアフリカの周りに巨大な海底ケーブルを構築しています

Facebookはアフリカ周辺に大規模な水中ケーブルを構築しており、アフリカ大陸の13億人以上の住民をインターネットに接続しようとしています。

ソーシャルメディア企業は、チャイナモバイル、南アフリカのMTN、フランスのオレンジ、イギリスのボーダフォンなどと提携し、プロジェクトでは2Africaと呼ばれるローカルネットワークオペレーターと提携しています。

海底ケーブルの構築は、Nokiaが所有するケーブルシステムプロバイダーのAlcatel Submarine Networksに依頼されています。長さ37,000キロ(約22,991マイル)のFacebookは、ケーブルは「地球の外周にほぼ等しい」と主張しています。 Facebookとそのパートナーがプロジェクトにどれだけの資金を投入したかはまだ明らかではない。

Facebookによると、このイニシアチブの主な目標は、アフリカへの接続性を高めることです。大陸は世界で「現在最も接続されていない」国であり、同社は水曜日にブログ投稿で書いており、その人口の4分の1強がインターネットにアクセスしています。

海底ケーブルは、アフリカ、中東、ヨーロッパの23か国を相互接続します。 Facebookは、「今日アフリカにサービスを提供しているすべての海底ケーブルの総ネットワーク容量のほぼ3倍を提供する」と述べています。

Facebookは、2Africaプロジェクトはネットワーク容量の増加に役立つため、銅ではなくアルミニウムを使用することでより効率的になったと語った。同社は現在、紅海と地中海を結ぶ新しい交差点の開発を進めており、10年以上前にその地域で初めてとなると主張しています。

(source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close