News

LafargeHolcim、サンミゲル契約の崩壊後もフィリピン事業を継続

LafargeHolcim(LHN.S)は、21億5000万ドルのフィリピン事業を維持することを決定したと、世界最大のセメントメーカーが月曜日に発表した.4つのセメント工場と1つの粉砕工場をSan Miguel Corporation(SMC .PS)は、フィリピン競争局(PCC)が時間内に承認を与えなかったために崩壊しました。

「今日の前例のない世界的な健康危機により、世界は劇的に変化しました」とLafargeHolcimはその戦略転換について語りました。

「今日の新しい現実を踏まえて、私たちはフィリピンでの事業を売却しないことを決定しました。フィリピンはアジア太平洋地域で最も成長率の高い国の1つであり、私たちはそこでリーダーシップの地位を維持するつもりです。」

先月、コロナウイルス規制が解除された建設セクターの迅速な回復が見込まれると発表したスイスの会社は、2019年に約6億5,000万スイスフラン(6億6,800万ドル)の売上を記録したフィリピンで成長するのに十分な位置にあると述べました。

また、80億フランの現金と未使用のコミットドクレジットでその義務をカバーする十分な流動性があり、PCCが市場支配力の増大と可能サンミゲルの独占。

バンクフォントベルのアナリスト、ベルントポムレンは、「ホルシムフィリピンは高成長市場で事業を営んでおり、利益を上げていますが、この売却により、ラファージュホルシムは正味負債を18億スイスフラン削減することができました。

「しかし、この取引がなくても、会社のレバレッジ解消が進むと予想しています」と彼は付け加えた。

LafargeHolcimの株価は正午までに1.6%下落しました。

LafargeHolcimは、2019年5月に85.7%の全株式を産業グループSan Miguelに売却すると発表し、2019年末までに取引を完了する予定でした。

「PCCは必要な期間内に取引の承認を発行しなかったため、合意は失効しました」とLafargeHolcimは述べました。

LafargeHolcimは、資産をオフロードして借金を返済しており、以前は「非常に競争の激しい」東南アジア市場と呼ばれていたものから撤退したいと考えていました。

スイスの会社はまた、インドネシア、マレーシア、シンガポールを辞任しました。そこでは、その事業とフィリピンでの事業は49億ドルの価値がありました。

LafargeHolcimは、コロナウイルスの危機により閉鎖されていたフィリピンの4つの工場のうち3つが現在稼働を再開していると語った。(source)

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close